■最新記事(TOP)へ



2011年01月04日

赤ちゃんの鼻水(鼻づまり)解消法

赤ちゃんが新生児の時、鼻水がつまって困った ことがあります。

それは、ななちゃんが産まれてから2週間後の夜のことでした。
今まで、いい子で3時間ごとに夜泣きすること以外は何も問題はありませんでした。
しかし、この日の夜は違いました。

赤ちゃんの寝息がおかしい 〜 赤ちゃんの鼻水(鼻づまり)解消法


季節も変り、寒くなってきたこの頃。
赤ちゃんも鼻水が出るようになってきました。

鼻の穴を下から除くと、左の鼻の穴が小さく見えます。
何かつまっているのではないかと思い、自分の口で鼻を吸ってみましたが何も出てきません。

そこで、使って見たのが、

ママ鼻水トッテ

という便利グッズです。

ママ、鼻水トッテ

早速使ってみたのですが新生児には大きすぎて使えません。
そもそも鼻の穴に入りませんでした。

どうしようか?


とりあえず、今日はそのまま就寝。
夜のななちゃんは寝息が非常に苦しそうでした。
あまりにも苦しそうなので、隣で寝ていた私は寝ることが出来ません。

新生児は口での呼吸が難しいそうです。
そのため、鼻がつまると呼吸がとても苦しそうに聞こえます。
朝になってもまだ苦しそうでした。


しかし、桃香がオムツ交換をしている時でした。

桃香
「あー。」

突然の大声。

海人
「どうした。」

桃香
「ななちゃんがくしゃみをしたら、詰まっていた鼻の塊が出てきたよ。」

つまり、鼻くそのことです。
包んだ鼻紙の中を見てみる。

えっ!
でかい。
棒状で直径2センチくらいあります。
見事な鼻くそです。
これでもう大丈夫かなと思いましたが、まだちょっと苦しそうでした。
まだ、左の鼻の奥に何かつまっているようです。

昼になり、お風呂に入れようと準備していたところ、何か乾燥したものが鼻の入り口でそよいでいました。

これは大物だ!

でも、綿棒でやってもとれませんでした。
そこで、役に立ったのが、 「ベビー ピンセット」 です。

これで、鼻の入り口にそよいでいるものをつまんで取るという作戦です。

赤ちゃんの鼻づまり解消法

えいっ
えいっ
つかんだ!
そして、引っ張る。

ずるずるずる。
何だ、長いぞ。

ぎゃー。

その入り口でそよいでいた鼻くそを引っ張るとその後ろに3センチほどの大物がずるずる付いてきました。

見事な鼻くそ。
記録更新。
これでようやく、鼻づまりが解消されたのです。

「ななちゃんも人間に近づいているんだね。」

天使のようだった、ななちゃん。
人間になる日はそう遠くないようです。

でも、無呼吸になるほど鼻がつまるようでしたらたら、すぐ病院に行きましょう。
新生児は何があるのか分からないです。





鼻づまり解消に必要なおすすめ便利アイテム


@ ベビー ピンセット

必要度 ★★★★★ 
安心度 ★★★★☆
便利度 ★★★★★

プラスチック製のピンセットで、赤ちゃんの肌にも優しいものです。
いろいろなところに使えるので、育児には必須のアイテムです。
ただ、鼻の奥に入れてしまうと粘膜を傷つけてしまう可能性があるので、無理は禁物です。
このベビー ピンセットで、乾いた鼻くそをつまんで引っ張ると、一緒にずるずると粘液状の鼻水もきれいに取れてくるときがあります。

結構、快感です。

正式な方法は、赤ちゃん用の綿棒で鼻の入り口をくるくる回して取るのがいいようです。
あくまで、綿棒で取れないような乾いた鼻くそが鼻の入り口付近にそよいでいる時に使ってみてください。
今まで、このベビーピンセットで大物を3回以上取っています。
まあ、取れなくてもくしゃみとともに自然にでてくるものなので無理はしないでください。

赤ちゃんがあまりにも苦しそうでしたら、病院で鼻水を取ってもらいましょう。



ベビー ピンセット(Amazon.co.jp)


A ママ、鼻水トッテ

私には難しいかったですが、Amazon の購入者のコメントを見る限り 「ママ、鼻水トッテ」 もかなり使えるようでした。
自分もそれで買ったのですが、結局は使いませんでした。

必要度 ★★☆ 
安心度 ★★★☆
便利度 ★★★



ママ鼻水トッテ(Amazon.co.jp)


通常の場合なら、ベビーピンセットか綿棒、ティッシュペーパーで十分でしょう。
心配な場合は、病院で鼻水を吸ってもらうほうが良いと思います。
素人判断は危険ですので。




posted by 海人 & 桃香 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃん鼻水(鼻づまり)解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。