■最新記事(TOP)へ



2011年09月24日

おすすめベビーサークル JTC ベビールーム メロディキャッスル 購入レビュー


赤ちゃんもハイハイを始めると、行動範囲が広がり目が離せなくなってきます。
どこへ行ってもついてきたりするのでトイレにいくのも大変ですが、そういうときに必要なのが、ベビーサークルです。

JTC ベビールーム メロディキャッスル 購入レビュー


ベビーサークルにもいろいろありますが、今回購入したのは、 「JTC ベビールーム メロディキャッスル」 です。

プラスチック製のベビーサークルです。
サイズは 116 x 116 x 64 cm
約1メートル四方と考えればいいでしょう。
高さは64センチ。



JTC ベビールーム (Amazon.co.jp)


1セットに4枚分のプラスチックの板が入っています。
それを、はじめから開いているジョイントの穴に差し込むだけなので、簡単に組み立てられます。
ただ、差し込むだけです。
5分もあれば組み立てられるでしょう。
全てプラスチックでできているので、怪我などの危険も少ないでしょう。

早速、組み立ててみました。

JTC ベビールーム メロディキャッスル

かわいいです。
でも、おもちゃなどいろいろなものをサークル内に入れるとすぐ小さくなります。
微妙な大きさなのでせっかくあるジャングルジムも入りません。
でも、ここにななちゃんを入れてしまうと檻みたいで、ちょっとかわいそうです。
そのため、もう1セットをすぐに買い足ししました。

このベビーサークルは、2セットを繋げて2メートル四方にすることもできるのです。

継ぎ足し用に1枚ずつパーツの別売りもしていますが、結構高いので、いっそのこと2セットを購入しました。
2セットあれば、かなり大きくできます。
かなりの生活スペースがベビーサークルで埋まってしまいますが、赤ちゃん用のスペースと割り切って考えると、赤ちゃん専用用品を綺麗に整理できるので快適になりました。
ジャングルジムも入ります。
写真は7枚を使って作ってみたものです。

JTC ベビーサークル 2セット繋げてみました

5枚で5角形、6枚で長方形にするのも自由です。
組み合わせをいろいろ考えるのも楽しいです。
また、2セット8枚を寝室におけば、親と赤ちゃんが一緒に寝れるくらいの大きなスペースが確保できます。

なお、下にはこのようにカラーマットを引いてください。

リビングに保護マット

カラーマットは柔らかく、赤ちゃんの転倒時の怪我防止になります。



カラーマット (Amazon.co.jp)


ベビーサークルは、1歳前後の赤ちゃんの必需品です。

ハイハイするようになって、危険な場所に行って転んだり、誤飲したりしてからでは遅いです。
気に入ったものを1セット用意しておくことをおすすめします。



JTC ベビールーム (Amazon.co.jp)




posted by 海人 & 桃香 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ ベビーサークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。