■最新記事(TOP)へ



2010年12月21日

赤ちゃんの3つの仕事 「ミルクを飲む」 〜 @ 母乳の場合は体重変化に注意です

赤ちゃんは母乳で育てるのが望ましいでしょう。
私も当然、母乳です。
母乳は3日目くらいから結構出るようになりました。
ただ、左側のおっぱいが出にくく、ものすごく張っていました。

この状態は退院するまで続きました。

赤ちゃんの3つの仕事 「ミルクを飲む」 
 〜 @ 赤ちゃんの体重が減ってしまった時の対処法


ななちゃんの産まれた時の体重は 

2845グラム。

母乳で退院するまで1週間育ててみましたが、退院する時は 2760グラム でした。
なんと、体重が減っています。
最初に体重が減るというのは、普通のことらしいのですが1週間経ってもあまり増えていませんでした。
6日目にはまた、体重が減少方向に!
また1週間後に検査することを前提に退院となりましたが…。

ベビードレス ななちゃん

ベビードレスを着せましたが、泣いてばかりで写真もままなりません。
ベビードレスは柔らかい綿素材のものがいいみたいです。



PM 1:30 自宅

無事、家に着き母乳となりました。
私は、右のおっぱいを飲ませてから左のおっぱいを飲ませます。
合わせて相当量は飲んでいるはずですが左の出がよくないので、実際はどの程度飲んでいるかよく分かりません。

乳腺で作られた母乳は乳管から乳頭の排乳口へと運ばれますが、

この乳管は絹糸くらいの細さしかないので、簡単につまってしまうのです。

通常は、おっぱいの出をよくするために手で揉んだり乳首をマッサージしたりしますが、私は手では均等にマッサージができませんでした。
そこで、 母乳搾乳器 を使うことにしました。

ベビーリズムさく乳器 手動タイプ

実際使ってみて、乳首が引っ張られましたが痛くはありません。
しばらくすると、左のおっぱいからも自然に母乳がでました。
おっぱいが張っていたところも、詰まりがとれたようで楽になりました。
見事に貫通したのです。

最初に搾乳できた量は40ml

早速、ななちゃんも付属の哺乳瓶で飲んでくれました。
以降、左のおっぱいの張りもなくなり順調に出ています。
搾乳器を使うことで、閉じていた乳管が開いたのでしょう。

よかったです。
このまま、母乳でうまく成長すればいいのですが。



1週間後 病院(産まれて2週間後)

退院して1週間後、また病院にいきました。
今日はななちゃんの体重測定の日。
さあ、結果は?

体重 2837グラム。

がくっ。
まだ、産まれた時より痩せていました。
通常、 赤ちゃん(新生児)は一日に20グラムずつ増えていく そうですが、ななちゃんは一日に11グラムしか増えていません。

調べてもらいましたが、母乳の出も普通。
飲む前後で体重を量ったところ45グラム増加。
飲む力もまあ大丈夫なようです。

でも、母乳だけだとちょっと少ないのかな? ということで、

「母乳+ミルク」 併用作戦を敢行することになったのです。

赤ちゃんの体重が減ってしまった時には、 「母乳+ミルク」 が有効です。

次回は、「ミルクを飲む」(哺乳瓶編)
さて、ななちゃんの体重は戻るのか?



母乳育児に必要なおすすめ便利アイテム

初期の母乳育児に必要な重要アイテムは2つです。
この2つはあると便利です。


@ 使い捨て母乳パッド 

必要度 ★★★★☆ 
安心度 ★★★★☆
便利度 ★★★★★

母乳パッドはおっぱいの漏れを防ぐものなので、便利を問わず必須のものです。
出産前に1袋(34枚入り)だけ持っていましたが、すぐ足りなくなったので追加で102枚入りを買ってもらいました。
後で、足りなくなったら追加しましょう。
何もないと母乳を服につけることになるので1袋は必要です。
布製の母乳パッドもありますが、最初は何かと大変なので布より紙のほうが(簡単で)いいでしょう。



母乳パッド(Amazon.co.jp)



A 母乳搾乳器

必要度 ★★★
便利度 ★★★★
安心度 ★★★★☆

おっぱいがたくさん出る人には特に必要でしょう。
私は、出が悪い乳管のつまりを解消するのにも使えたのでよかったです。

私の使っているのは、

ピジョン ベビーリズムさく乳器 手動タイプ 

乳腺はいろいろな方向にあるので、均等に絞れる搾乳器はとてもいいです。
乳首が引っ張られますが、殆ど痛みなしでおっぱいの張りが軽減できます。
また、哺乳瓶も付いてくるので搾乳したものをそのまま飲ませられます。

ベビーリズムさく乳器 手動タイプ


母乳搾乳機は手動と電動どちらがおすすめか?

私は安かったので手動の方を買ってしまいましたが、ちょっと失敗したかなと思っています。
手動で 「しゅこしゅこ」 何回も絞るのがだんだん面倒になってくるのです。
余裕があるなら、 電動のほうをおすすめ します。



さく乳器(Amazon.co.jp)





posted by 海人 & 桃香 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ミルクを飲む」 までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。